ニュース解説ステーション

アクセスカウンタ

zoom RSS 停留措置での宿泊費・滞在費は誰が負担するのか

<<   作成日時 : 2009/05/10 16:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

この10日間の停留措置って、厄介ですね。
本人は新型インフルエンザにかかっていなくても、周囲に感染者がいた場合は有無を言わせず停留措置なわけですから。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090510-00000002-maiall-soci

停留者は原則ホテルなど施設の個室内で生活することになるとのことですが、この宿泊費・滞在費は誰が負担するのでしょう。

まさか、本人でしょうか。
感染した責任もないのに?



だからといって、感染者が弁償(?)するわけでもないでしょうね。
ということは、国費=税金で補助するのでしょうか。

弱毒性のインフルエンザなのに、いささか大袈裟なのではないでしょうか。

3Mのマスクで新型インフルエンザを予防


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
停留措置での宿泊費・滞在費は誰が負担するのか ニュース解説ステーション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる