ニュース解説ステーション

アクセスカウンタ

zoom RSS 感染拡大は帰国した生徒達に対して学校側がなにも手を打っていなかった結果

<<   作成日時 : 2009/05/17 09:34   >>

トラックバック 0 / コメント 0

新型インフルエンザ、落ち着くかと思いきや一気にすごいことになってきましたね。
関西の高校生の間で、広がりつつあります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090516-00000099-mai-soci

これは、結局新型インフルエンザの日本で最初の症例になったカナダに旅行していた高校生達が持ち込んだものですよね。
現地でマスクをするよう指示されていたにもかかわらず、担当教師の勝手な判断で生徒が新型インフルエンザを患ったという。

 3M 防護マスク 9210 N95 20枚入【豚インフルエンザ対策 N95】【送料無料】


おまけに生徒が帰国後も感染者が拡大しているということは、帰国した生徒達に対して学校側がなにも手を打っていなかったということになります。
新型インフルエンザの潜伏期間は10日程度とのことですから、結局学校側も厚生労働省も自体を甘く見ていた結果、ということになります。

まったくもって、迷惑な話です。

プロ仕様のドクターマスクで新型インフルエンザを予防


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
感染拡大は帰国した生徒達に対して学校側がなにも手を打っていなかった結果 ニュース解説ステーション/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる